技能実習生事業 フォロー体制

入国までに

  • 組合の技能実習生管理

    技能実習生受入れ企業が、安心して技能実習生の指導を行えるよう、面接から帰国まで、当組合がバックアップしていきます。

  • 当組合の安心要件

    技能実習生の写真

    1. (1)

      経済産業省、国土交通省、農林水産省の認可を受けた、正規の団体です。

    2. (2)

      公益財団法人国際研修協力機構の賛助会員です。

    3. (3)

      申請取次者が、直接入国管理局へ申請を行います。

    4. (4)

      技能実習生は来日前3ヶ月間、日本語会話の特訓を経て来日します。

    5. (5)

      斡旋業者・仲介業者(ブローカー)は一切使いません。

    6. (6)

      両国政府に許可され、出来るだけ日本に駐在員がいる送出機関と契約をしています。

      実習生送出機関の責任者が日本に常駐することで、万一のトラブルも安心です。

    7. (7)

      組合の巡回員が、月に1度、巡回指導を行います。

入国後

  • 技能実習生の出迎えから受入までの流れ

    講習風景

    1. 当組合職員が、技能実習生を空港で迎えます。

    2. 講習センターへ案内します。

    3. 講習センターで160時間以上の講習を行います。

    4. 講習修了後、講習センターから受入れ企業へ移動し、
      その際に最寄りの市役所で各種手続きをし、銀行口座開設手続きを行います。

生活環境について

  • 毎月の巡回指導

    技能実習生と企業担当者が円滑にコミュニケーションをとれるよう毎月1回巡回指導します。
    3ヶ月毎に組合幹部が各企業へ巡回に行きます。

  • 関係機関との折衝

    1. (1)技能実習進捗状況の報告

    2. (2) 定期監査報告書の作成と提出

    3. (3)申請取次者が、直接入国管理局へ申請を行います。

    4. (4)在留期間更新、在留資格変更に伴う申請書類の作成と提出

  • 緊急時対応

    トラブル発生時は、関係機関と連携して即時解決に努めます。
    巡回員及び送出し機関担当者が技能実習生一人一人と会話をして、会社指導員とのコミュニケーションを手助けします。

  • 技能実習終了後

    1. 技能実習修了証書の発行

    2. 実習生の空港への見送り

    3. 技能実習終了後、帰国報告書の作成と提出

ページTOPへ