技能実習生事業 技能実習生受入制度について

外国人実習制度

技能実習制度は、我が国が先進国としての役割を果たしつつ国際社会との調和ある発展を図っていくため、より実践的な技術、技能の移転を図り、開発途上国等の経済発展を担う「人づくり」に協力をすることを目的とし、創設されたものです。

この技能実習制度では、技能を修得するため我が国に入国した開発途上国の方々が、技能実習生として実習を行う機関との間で雇用契約を締結し、生産現場での労働を通じてより実践的な技能等を修得します。

外国人技能実習生を受入れるメリット

  1. メリット1

    向上心旺盛な若者による企業の活性化

    外国人技能実習生は、素直で仕事に取り組む姿勢が真面目です。技能実習生を受入れることで、御社のベテラン従業員や新入社員やアルバイト・パートにも、良い影響を与えます。

  2. メリット2

    意欲の高い人材、入国後もサポート

    技能実習生として来日を希望する若者は、中国や東南アジアに大勢います。募集人数に対して3倍~10倍の応募があり、意欲の高い人材を送り出す事が可能です。
    また、来日後も当組合と相手国側送出機関とで実習生の生活等をサポート致しますので、御社は技能実習生の指導に専念できます。

  3. メリット3

    基礎技術を習得済みのため、教育が容易

    技能実習生は御社の職種の経験者です。
    また、入国前に日本語(日常会話、専門用語)、必要な技術を3ヶ月間教育を受けて来ます。

  4. メリット4

    海外進出の際、幹部候補生として期待できる

    海外進出の際、人材の確保と教育は頭を悩ませるところです。技能実習生を帰国後に自社で雇用すれば、 その問題は一挙に解決します。現地採用一切なしで、日本で研修を行った若者を随時現地の工場で雇用している企業もあります。

  5. メリット5

    貴社の発展に貢献します

    その他、様々な面で貴社の発展に貢献いたします。

ページTOPへ